ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。

ボールを見ると別人のようになってしまう人がいるので、ボールを見ないでカップを見て打ってもらうことがあります。

ボールに当たらないなんて心配する人がいるのですが、空振りする人はほとんどいません。もちろん芯に当てるのは難しいのですが、ストロークのリズムが良くなり、ストロークもスムーズになります。

ボールに集中し過ぎるとあれを気をつけて、これも気をつけて…という状況になり、その中に合いあ反する動きが入ったりすると手が動かなくなったりします。それでイップスが始まる人もいます。

パッティングストローク分析では何をしようとしているか?どう動かそうとしているか?をヒアリングしながらデータと比較してみます。

あまりにぎこちない場合はボールを見ないで本来のストロークの仕方を披露してもらいます。今までテークバックが小さかった人もボールを見ないとしっかりテークバックでできたりします。

ジョーダン・スピースもボールを見ないでショートパットを打っているのを見た事がありますが、あれはヘッドの軌道を気にせず自然なストロークをするための物、あとは距離感を合わせるためのやり方だと思います。

色々考えすぎてわからなくなってきてしまっている方は是非やってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  2. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  3. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  4. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  5. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと
  6. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  7. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  8. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  9. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP