人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。

でもその逆のラインはぎこちなかったりリズムが悪かったりということが起こります。

そうすると難しくなってくるのが真っ直ぐのラインです。真っ直ぐに打つというのは本当に難しくてイメージを作るのも難しくなります。

そんな時に考えていることがあります。これは最初のホームコースの師匠がよく言っていたこと。「これは曲がらないスライスだな」とか「曲がらないフックだな」という言葉です。

真っ直ぐのラインでもどちらかに曲がるイメージで打つことで少し入るラインのイメージに余裕ができます。

これは是非やってみていただければと思います。真っすぐ打つのはすごくプレッシャーですが、少し曲がると思うと気が楽になります。

それも自分がイメージしやすい曲がる方向で読めばいいわけです。これは今でも実践しているストレートラインを打つイメージです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  2. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  3. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  4. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  5. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  6. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  7. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  8. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん
  9. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP