人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。

でもその逆のラインはぎこちなかったりリズムが悪かったりということが起こります。

そうすると難しくなってくるのが真っ直ぐのラインです。真っ直ぐに打つというのは本当に難しくてイメージを作るのも難しくなります。

そんな時に考えていることがあります。これは最初のホームコースの師匠がよく言っていたこと。「これは曲がらないスライスだな」とか「曲がらないフックだな」という言葉です。

真っ直ぐのラインでもどちらかに曲がるイメージで打つことで少し入るラインのイメージに余裕ができます。

これは是非やってみていただければと思います。真っすぐ打つのはすごくプレッシャーですが、少し曲がると思うと気が楽になります。

それも自分がイメージしやすい曲がる方向で読めばいいわけです。これは今でも実践しているストレートラインを打つイメージです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  2. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  3. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  4. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  5. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  6. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  7. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  8. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  9. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP