パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。

その変えられないところを無理に変えようとすると、どこかに影響が出てきます。その影響を修正するためにまた別の部分を意識しなければならなくなってしまいます。

そうなってくると色々気をつけながらパッティングをしなければならなくなり、距離感がうまく合わせられないなんていうことが起きてしまいます。

ストロークのイメージを複雑にしてまで直さなければならないことなのか?そこを判断しなければなりません。

その判断にはその部分がばらつきがなくできているかどうか?を計って決めます。

安定してできている部分は一般的には直しにくい部分になります。アウトサイドに引いている人がインサイドに直そうと思ったら、ボールはきっと右に行ってしまいやすくなります。

その人がどの部分なら直せるのか?直しても影響が出ないかを見極めることがパッティングストロークの修正には重要になります。

SAM PuttLab ではこの部分をわかりやすく評価してくれます。是非パッティングストロークを分析してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースバランスだから易しい?

    2020.03.27

    フェースバランスだから易しい?

    ストローク分析にいらっしゃる方に話を聞くと、大きいヘッドでフェースバランスだと易しいと思っている…

    フェースバランスだから易しい?
  2. できているはずができてない

    2020.09.15

    できているはずができてない

    ここ数年でショットやストロークの分析はかなり詳しくできるようになってきました。そのおかげで…

    できているはずができてない
  3. ロングパットで引っ掛けが出る

    2019.08.27

    ロングパットで引っ掛けが出る

    先日友人から聞いた話です。ミドルパット、ショートパットの確率は良く入っているのに、ロングパットにな…

    ロングパットで引っ掛けが出る
  4. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  5. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  6. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  7. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  8. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  9. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP