パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。

その変えられないところを無理に変えようとすると、どこかに影響が出てきます。その影響を修正するためにまた別の部分を意識しなければならなくなってしまいます。

そうなってくると色々気をつけながらパッティングをしなければならなくなり、距離感がうまく合わせられないなんていうことが起きてしまいます。

ストロークのイメージを複雑にしてまで直さなければならないことなのか?そこを判断しなければなりません。

その判断にはその部分がばらつきがなくできているかどうか?を計って決めます。

安定してできている部分は一般的には直しにくい部分になります。アウトサイドに引いている人がインサイドに直そうと思ったら、ボールはきっと右に行ってしまいやすくなります。

その人がどの部分なら直せるのか?直しても影響が出ないかを見極めることがパッティングストロークの修正には重要になります。

SAM PuttLab ではこの部分をわかりやすく評価してくれます。是非パッティングストロークを分析してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  2. 長尺パター復活2 完成

    2020.07.10

    長尺パター復活2 完成

    今日で長尺シリーズは終わりになります。今日は色入れをしました。色々な悩んだ挙句色はグレーの…

    長尺パター復活2 完成
  3. パターをすわらせてみる

    2020.06.17

    パターをすわらせてみる

    パターをすわらせるといってもどんなことかよくわからないかもしれませんね。パターはすわりがいいとかす…

    パターをすわらせてみる
  4. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  5. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  6. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  7. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  8. パターの調整は随時受付中!

    2020.05.11

    パターの調整は随時受付中!

    現在営業自粛中で、パッティングカウンセリングはできませんが、遠方の方や一度受けたことがあって同じよ…

    パターの調整は随時受付中!
  9. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP