パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。

その変えられないところを無理に変えようとすると、どこかに影響が出てきます。その影響を修正するためにまた別の部分を意識しなければならなくなってしまいます。

そうなってくると色々気をつけながらパッティングをしなければならなくなり、距離感がうまく合わせられないなんていうことが起きてしまいます。

ストロークのイメージを複雑にしてまで直さなければならないことなのか?そこを判断しなければなりません。

その判断にはその部分がばらつきがなくできているかどうか?を計って決めます。

安定してできている部分は一般的には直しにくい部分になります。アウトサイドに引いている人がインサイドに直そうと思ったら、ボールはきっと右に行ってしまいやすくなります。

その人がどの部分なら直せるのか?直しても影響が出ないかを見極めることがパッティングストロークの修正には重要になります。

SAM PuttLab ではこの部分をわかりやすく評価してくれます。是非パッティングストロークを分析してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  2. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  3. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  4. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  5. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  6. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!
  7. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  8. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  9. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP