しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。

私も前回のラウンドで2回ほどありました。届かせようと思っているのに届かないのは目標設定が間違っているのかもしれないと思い違うアプローチで打ってみるとうまくいったのでその話をします。

まずカップまで届かない状況は目標をカップに置いているからだと思い、カップの奥50cmくらいに仮想のカップを作って、そこに打つ途中で本当のカップの位置を通るイメージで打ってみました。

結局目標を強く意識してしまうので、強く打とうと思ってもそのカップを見ながらだと、大きく意識が変わらないということなんだろうと思います。

ですので、そのカップを見ず50cm先の仮想カップをイメージすることで、力加減の問題は解決できたという感じです。

実際には本当のカップが見えてしまうのでなかなかこの意識も難しいですが、少し改善できた気がしました。ただこうなるとラインをどう読むかが問題ですね。

通り過ぎる本当のカップの位置でのスピードはまだそれほど落ちていないので、薄めに読んでいくことになります。

ただ本当は届いた時の力加減なので、いつもの読みのままでも良いような気がします。まずはいつものラインの読みでそこから50cm先の打つ力加減でやってみるのがシンプルで良さそうです。

ですので仮想のカップではなくその50cm先のラインに届かせるという意識だけなのかもしれません。もう少し検証が必要ですね。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  2. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  3. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  4. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  5. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  6. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  7. テークバックでソールが引っかかる

    2020.06.3

    テークバックでソールが引っかかる

    こんな悩みを持った方は結構いるかもしれませんね。テークバックで地面に引っかかってしまうと、…

    テークバックでソールが引っかかる
  8. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  9. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP