久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。

半月ちょっとなのでそれほど間隔があいているというわけでもないのですが、月に3~4回やっている時と違う感覚が結構ありました。

こういう時はもう少しラウンド前に違う練習をしておかなければいけないですね。

まず一番感じたのはショートパットを打つ時の精神状態です。精神状態というとかなり深刻な気がしますが、微妙に違うという程度です。

でもこの微妙な感じが結構重要です。

ショートパットではどこを狙って打つかを決めて、あとはそこに向かっていつものストロークをすることだけを考えています。

ですが、どこを狙って打つかの狙いが曖昧で、しっかり決め切って打てていない。さらにストロークもどうやってするのがいつものストロークなのかがわからなくなってる感じです。

そんなに外すことは実際はないのですが、なんとなく自信を持って打てていない感じで入ってもしっくりこない感じになってしまいます。

ここが一番感じた部分なのですが、やはりラウンド前のパッティングの練習ではグリーンのスピード感をつかむのも重要ですが、ショートパット(1~1.5m)の練習をしっかりして狙っていくところに打ち出す感覚を確かめるのも重要になってくると思います。

  • コメント: 6

関連記事

  1. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  2. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  3. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  4. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  5. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  6. 自信を持って打つということ

    2020.05.21

    自信を持って打つということ

    パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは…

    自信を持って打つということ
  7. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる
  8. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  9. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP