昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいます。

このパターンの場合、ストローク軌道の打ち出し方向に対する影響度はフェース向きよりかなり影響度が小さいので、ここが安定している方が一定した方向に打ち出すためにやることはシンプルになってきます。

フェースの向きが安定しないのはグリッププレッシャーだったり、手首の動きを抑えることで見違えるほど安定してきます。

ちょっと話がそれましたが、ストローク軌道がアウトサイドインであれば、フェースが真っすぐに向いてしまえば引っ掛けてしまいますので、自然にそうならないようにインパクトで開くようになったり、テークバック時のフェースローテーションが大きくなったりします。

またインサイドアウトになっている人はフェースが右に向いてしまえばプッシュアウトになりますので、自然にフェースは左を向くようになります。ですのでこういう方の場合テークバックもシャットに上げるイメージなっている場合が多く見受けられます。

ストローク分析では「ストローク軌道」と「フェース向き」のどちらが先に決まったのかを見極め、安定しているところを活かしながら安定しない部分を修正する方法を探っていきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  2. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  3. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  4. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  5. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  6. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  7. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  8. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  9. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP