以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。

ですが、パッティングに関してなるべく気をつけるところを少なく、考え方をシンプルにすることでここ数年はシンプルにできています。

とにかく打ち出そうと思っている方向に打ち出すことを考えて、いつも通りのストロークができれば入るはずと思えるようになりました。

特にショートパットを外す原因は、当たった時の向きが違えばもちろんそれだけでも外れますが、それに加えて軌道が変わった時によりひどくなるということになります。

多分フェースの向きは大丈夫。そうするとストロークの軌道がいつも通りならよっぽどの事がなければ外れません。

もちろん曲がり幅の読みが外れていれば外れますが、これは外れてもしょうがないことで諦めがつきます。

ですが、いつも通りにストロークできなかった時は心のダメージが大きいのでその後に与える影響も大きくなります。

前にも言いましたが色々なことをシンプルに考えられればいつも通りにできる確率がアップできると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3
  2. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  3. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  4. パターのシャフトを選ぶ

    2019.08.15

    パターのシャフトを選ぶ

    最近はカーボンシャフトや、カーボンとスチールの複合シャフトなどスチールだけではなくなってきたパター…

    パターのシャフトを選ぶ
  5. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  6. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  7. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  8. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  9. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP