以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。

ですが、パッティングに関してなるべく気をつけるところを少なく、考え方をシンプルにすることでここ数年はシンプルにできています。

とにかく打ち出そうと思っている方向に打ち出すことを考えて、いつも通りのストロークができれば入るはずと思えるようになりました。

特にショートパットを外す原因は、当たった時の向きが違えばもちろんそれだけでも外れますが、それに加えて軌道が変わった時によりひどくなるということになります。

多分フェースの向きは大丈夫。そうするとストロークの軌道がいつも通りならよっぽどの事がなければ外れません。

もちろん曲がり幅の読みが外れていれば外れますが、これは外れてもしょうがないことで諦めがつきます。

ですが、いつも通りにストロークできなかった時は心のダメージが大きいのでその後に与える影響も大きくなります。

前にも言いましたが色々なことをシンプルに考えられればいつも通りにできる確率がアップできると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  2. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  3. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  4. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  5. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  6. 転がりを良くするための条件

    2020.02.19

    転がりを良くするための条件

    転がりが良い球というのは最後までトロトロ転がってなかなか止まらずに転がりますよね。こうい…

    転がりを良くするための条件
  7. 長くゴルフをやっている人ほど…

    2020.01.30

    長くゴルフをやっている人ほど…

    20年くらいのゴルフ歴だとまだそんなこともないのですが、もう40年もゴルフをやっているという人の…

    長くゴルフをやっている人ほど…
  8. パターの芯で当たらないということ

    2020.02.27

    パターの芯で当たらないということ

    パターの芯で当たらないとどういうことが起きるか?パターには芯があってそこにあたると感触も…

    パターの芯で当たらないということ
  9. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP