最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。

SuperStroke はその代表例です。私が使っている PING のラバーグリップは約60gなのですが、SuperStroke のグリップは太いのにそれよりも軽くなっているものがあります。

以前は太ければ重量が重くなるので、ヘッドバランスが出なくなるという考え方をしましたが、重量が軽いため計測上のバランスはそれほど変わらないどころか、バランスが重くなるということさえあります。

計測上のバランスは最初よりも重くなっていても、持つ部分が太くなっているのでバランスが軽くなったと感じる人が多いです。私もそう感じるタイプで、何度か挑戦しましたがどうも感覚が合わない…。

もちろんこうなってうまくいく人もいますが、あまりヘッドの重さに左右されない打ち方をされている方がほとんどで、そうなったことよりも太くなったことによる効果の方を大きく感じています。

最近では最初からこの太いグリップが入っているパターが多く、そういう場合はあまり問題がないかもしれませんが、グリップ交換をして細いグリップから太くて軽いグリップに変えるときはその感覚の変化に注意が必要です。

ここがしっくりこないと感じると色々なところに影響が出てきますので注意してください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  2. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  4. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  5. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  6. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  7. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  8. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  9. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP