最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。

SuperStroke はその代表例です。私が使っている PING のラバーグリップは約60gなのですが、SuperStroke のグリップは太いのにそれよりも軽くなっているものがあります。

以前は太ければ重量が重くなるので、ヘッドバランスが出なくなるという考え方をしましたが、重量が軽いため計測上のバランスはそれほど変わらないどころか、バランスが重くなるということさえあります。

計測上のバランスは最初よりも重くなっていても、持つ部分が太くなっているのでバランスが軽くなったと感じる人が多いです。私もそう感じるタイプで、何度か挑戦しましたがどうも感覚が合わない…。

もちろんこうなってうまくいく人もいますが、あまりヘッドの重さに左右されない打ち方をされている方がほとんどで、そうなったことよりも太くなったことによる効果の方を大きく感じています。

最近では最初からこの太いグリップが入っているパターが多く、そういう場合はあまり問題がないかもしれませんが、グリップ交換をして細いグリップから太くて軽いグリップに変えるときはその感覚の変化に注意が必要です。

ここがしっくりこないと感じると色々なところに影響が出てきますので注意してください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  2. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  3. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  4. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  5. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  6. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  7. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  8. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  9. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP