パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。

ソールアングルは何のためにあるか?

それはパターのすわりのためにあります。ソール面を地面に対して直角の面で作ってしまうと、フェースがかぶった感じになってしまいます。

硬いところに置いた時に少し右を向く度合いは、ソールアングルの大きさで変わります。

Scotty Cameron のツアーパターでソール面のフェースに近いところに溶接で盛り上げてあるパターがあります。

あれはソールアングルをより強調するためにしたもので、フェースアングルはかなり大きくなっています。

パターがかぶって見えてしまってロフト調整したくない方は、あの位置に鉛などを盛り上げて貼り付けてみると構えやすくなることがあります。

こんなチューンも Putting Labo. ではやっています。こんなことができないか?ということがありましたらご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  2. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  3. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  4. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  5. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること
  6. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  7. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  8. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  9. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP