パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。

ソールアングルは何のためにあるか?

それはパターのすわりのためにあります。ソール面を地面に対して直角の面で作ってしまうと、フェースがかぶった感じになってしまいます。

硬いところに置いた時に少し右を向く度合いは、ソールアングルの大きさで変わります。

Scotty Cameron のツアーパターでソール面のフェースに近いところに溶接で盛り上げてあるパターがあります。

あれはソールアングルをより強調するためにしたもので、フェースアングルはかなり大きくなっています。

パターがかぶって見えてしまってロフト調整したくない方は、あの位置に鉛などを盛り上げて貼り付けてみると構えやすくなることがあります。

こんなチューンも Putting Labo. ではやっています。こんなことができないか?ということがありましたらご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  2. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  3. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  4. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  5. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  6. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  7. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  8. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  9. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP