パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。

ソールアングルは何のためにあるか?

それはパターのすわりのためにあります。ソール面を地面に対して直角の面で作ってしまうと、フェースがかぶった感じになってしまいます。

硬いところに置いた時に少し右を向く度合いは、ソールアングルの大きさで変わります。

Scotty Cameron のツアーパターでソール面のフェースに近いところに溶接で盛り上げてあるパターがあります。

あれはソールアングルをより強調するためにしたもので、フェースアングルはかなり大きくなっています。

パターがかぶって見えてしまってロフト調整したくない方は、あの位置に鉛などを盛り上げて貼り付けてみると構えやすくなることがあります。

こんなチューンも Putting Labo. ではやっています。こんなことができないか?ということがありましたらご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  2. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  3. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識
  4. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  5. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3
  6. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  7. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  8. ショートパットで大事なのはリズム

    2020.07.31

    ショートパットで大事なのはリズム

    ショートパットが苦手という方が結構いらっしゃいます。例えば1mのパーパット。これは絶対に入…

    ショートパットで大事なのはリズム
  9. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP