これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。

これは個体差ではなくある一定の法則があるような気がしています。

まず確率的に1度くらいフラットになっているのがセンターシャフトのパターです。これはオデッセイでもテーラーメイドでも、Cameron でもそうなるので不思議です。

手の位置が同じでシャフトのつく場所が変われば確かに変わるのはわかる気がします。特にセンターシャフトはパターのブレードの真ん中近辺につくので、同じ手の位置でもフラットになるのはイメージがわきますね。

そして最近流行の大型マレットにショートネックがついたパターは、少しライ角が立っているものがあります。

計測方法の違いじゃなさそうですよね。

というわけで、どうもこのパターにしたら構えにくくなったなと思ったことがある方は、これまでと違うライ角になっていることがありますので、カタログ値を鵜呑みにせず計測してみることをお勧めします。

ライ角の違和感は本当に早めに直した方が良いです。パッティングストローク分析にはパタースペックの計測も含まれていますので、是非ご利用ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  2. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  3. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  4. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  5. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  6. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  7. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  8. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  9. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP