先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。

テークバックで揺れを感じる方のほとんどはテークバックを手で始動しようとしてしまっています。手で始動しようとしているにもかかわらず、グリップをしっかり握っていないと更に不安定要素が広がります。

こういう方は上半身に全く力が入っておらず、力が入っているのは腕だけになってしまっている場合が多いです。

今回の解決方法はまずアドレス時にもっと腹筋に力を入れてもらう。腹筋に力を入れると言っても力を入れた状態で息を止める状態になってはいけません。

腹圧を上げるという表現が正しいのですが、腹筋に力を入れてもしゃべれる状態であることを確認してください。

その状態から腹斜筋を動かす意識で始動できるとすんなりテークバックはスムーズに上がります。この打ち方はショルダーストロークの動き方の基本です。

テークバックに違和感がある方腹圧を上げてからストロークしてみてください。違った感覚が得られると思います。

  • コメント: 3

関連記事

  1. 「Think Simple」の話

    2020.06.4

    「Think Simple」の話

    自粛中に読んだ本「Think Simple」の中に書いてあった言葉です。この本は Appl…

    「Think Simple」の話
  2. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  3. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  4. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  5. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる
  6. アドレスの姿勢の話

    2019.09.12

    アドレスの姿勢の話

    ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。姿勢を良くしようと思ってか…

    アドレスの姿勢の話
  7. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  8. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  9. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP