先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。

テークバックで揺れを感じる方のほとんどはテークバックを手で始動しようとしてしまっています。手で始動しようとしているにもかかわらず、グリップをしっかり握っていないと更に不安定要素が広がります。

こういう方は上半身に全く力が入っておらず、力が入っているのは腕だけになってしまっている場合が多いです。

今回の解決方法はまずアドレス時にもっと腹筋に力を入れてもらう。腹筋に力を入れると言っても力を入れた状態で息を止める状態になってはいけません。

腹圧を上げるという表現が正しいのですが、腹筋に力を入れてもしゃべれる状態であることを確認してください。

その状態から腹斜筋を動かす意識で始動できるとすんなりテークバックはスムーズに上がります。この打ち方はショルダーストロークの動き方の基本です。

テークバックに違和感がある方腹圧を上げてからストロークしてみてください。違った感覚が得られると思います。

  • コメント: 1

関連記事

  1. オフセンターヒットを考える

    2020.10.20

    オフセンターヒットを考える

    ヘッドの重心位置でボールをヒットした場合、少なからずヘッドにブレを感じます。トウ側に当たれ…

    オフセンターヒットを考える
  2. パッティングでの右手の握り方

    2021.04.16

    パッティングでの右手の握り方

    パッティングで普通のグリップで握っている方の場合一番シンプルな握り方はこんな風に考えています。…

    パッティングでの右手の握り方
  3. Super Stroke Traxion Claw Grip

    2020.09.8

    Super Stroke Traxion Claw Grip

    先日の Wrist Lock グリップに引き続き、今日はクローグリップ用のグリップの紹介です。…

    Super Stroke Traxion Claw Grip
  4. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  5. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  6. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために
  7. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  8. パターの芯で打つべきなのか?

    2019.08.29

    パターの芯で打つべきなのか?

    パターの芯で当たっているかをすごく気にしている方がたまにいます。パターの重心位置(芯)で打…

    パターの芯で打つべきなのか?
  9. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP