先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。

テークバックで揺れを感じる方のほとんどはテークバックを手で始動しようとしてしまっています。手で始動しようとしているにもかかわらず、グリップをしっかり握っていないと更に不安定要素が広がります。

こういう方は上半身に全く力が入っておらず、力が入っているのは腕だけになってしまっている場合が多いです。

今回の解決方法はまずアドレス時にもっと腹筋に力を入れてもらう。腹筋に力を入れると言っても力を入れた状態で息を止める状態になってはいけません。

腹圧を上げるという表現が正しいのですが、腹筋に力を入れてもしゃべれる状態であることを確認してください。

その状態から腹斜筋を動かす意識で始動できるとすんなりテークバックはスムーズに上がります。この打ち方はショルダーストロークの動き方の基本です。

テークバックに違和感がある方腹圧を上げてからストロークしてみてください。違った感覚が得られると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  2. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  3. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  4. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  5. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  6. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  7. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  8. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  9. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP