先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。

テークバックで揺れを感じる方のほとんどはテークバックを手で始動しようとしてしまっています。手で始動しようとしているにもかかわらず、グリップをしっかり握っていないと更に不安定要素が広がります。

こういう方は上半身に全く力が入っておらず、力が入っているのは腕だけになってしまっている場合が多いです。

今回の解決方法はまずアドレス時にもっと腹筋に力を入れてもらう。腹筋に力を入れると言っても力を入れた状態で息を止める状態になってはいけません。

腹圧を上げるという表現が正しいのですが、腹筋に力を入れてもしゃべれる状態であることを確認してください。

その状態から腹斜筋を動かす意識で始動できるとすんなりテークバックはスムーズに上がります。この打ち方はショルダーストロークの動き方の基本です。

テークバックに違和感がある方腹圧を上げてからストロークしてみてください。違った感覚が得られると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘッドスピード測定器で練習

    2020.02.3

    ヘッドスピード測定器で練習

    結構昔に購入した物ですが、いまだに練習に登場する機会があるのがヘッドスピード測定器です。…

    ヘッドスピード測定器で練習
  2. 今月は15本のロフト/ライ調整

    2019.08.28

    今月は15本のロフト/ライ調整

    8月はストローク分析のキャンペーン価格もあって、パターのライ角、ロフト角の調整を15本やりました。…

    今月は15本のロフト/ライ調整
  3. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  4. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  5. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?
  6. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  7. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  8. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  9. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP