アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。

これがボールの転がりを良くする条件です。

この条件の中で最も重要なのが、縦方向のクラブ軌道です。アッパーに打つことができると、打点も低くなってきます。

この軌道を実現するのがなかなか難しい方が結構いらっしゃいますが、その動きができやすくするイメージの持ち方があります。

テークバックを上方向に上げてしまう人ほどアッパー軌道になりにくい傾向にあります。

そんな方にテークバックを低く長くテークバックするイメージでやってもらうと、かなりの確率で改善できます。

また、アウトサイドインの軌道の方はインサイドからインパクトをむかえる意識を持っていただくとダウンブローが軽減されます。

思い当たるフシがある方はやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  2. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  3. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  4. パターの芯で当たらないということ

    2020.02.27

    パターの芯で当たらないということ

    パターの芯で当たらないとどういうことが起きるか?パターには芯があってそこにあたると感触も…

    パターの芯で当たらないということ
  5. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  6. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  7. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  8. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  9. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP