パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整される方にお勧めするロフト設定があります。

インサートが柔らかいパターはボールとの接触時間が長いためボールがつかまりやすくなります。またそれに伴ってボールの打ち出し角が上がってしまいます。

それを適正なつかまりと打ち出し角を得るために少ないロフト設定にすることをお勧めしています。

この調整をすると「方向性が良くなった」とか「ボールが跳ねなくなった」とか、「転がりが良くなった」というコメントをよく聞きます。

マイクロヒンジのパターも何本か調整しましたが、あまり立てない方が良さそうです。

パターの性質によってその人の打ち方に合わせた最適の調整があります。是非パッティングストローク分析を体験してみてください。

お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2
  2. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  3. 重いほうが打ちやすいという人が多い

    2019.12.18

    重いほうが打ちやすいという人が多い

    ヘッドが効いているパターの方が打ちやすいという方が多いです。確かに軽いよりは重いほうが打ち…

    重いほうが打ちやすいという人が多い
  4. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  5. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  6. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  7. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  8. バランスが重いパターで打てない

    2019.06.17

    バランスが重いパターで打てない

    ここのところ何名かの方で同じような症状が見受けられたのでちょっと書いておきます。ヘッド重量…

    バランスが重いパターで打てない
  9. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP