パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整される方にお勧めするロフト設定があります。

インサートが柔らかいパターはボールとの接触時間が長いためボールがつかまりやすくなります。またそれに伴ってボールの打ち出し角が上がってしまいます。

それを適正なつかまりと打ち出し角を得るために少ないロフト設定にすることをお勧めしています。

この調整をすると「方向性が良くなった」とか「ボールが跳ねなくなった」とか、「転がりが良くなった」というコメントをよく聞きます。

マイクロヒンジのパターも何本か調整しましたが、あまり立てない方が良さそうです。

パターの性質によってその人の打ち方に合わせた最適の調整があります。是非パッティングストローク分析を体験してみてください。

お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  2. スタンスの向きを変えて軌道を修正

    2019.09.3

    スタンスの向きを変えて軌道を修正

    一般的にオープンスタンスの人はアウトサイドイン、クローズドスタンスの人はインサイドアウトの軌道にな…

    スタンスの向きを変えて軌道を修正
  3. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  4. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  5. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  6. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  7. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  8. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  9. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP