この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。

いつも通りできないと言うことは、厳しい言い方をすれば自信がないことの表れです。

たとえその前のパットでミスをしても、それに左右されずいつも通りの打ち方ができることが理想です。

今のミスはたまたま出たミスで、もう一度出るはずがないと思えるくらいの図々しさがゴルフには必要です。

短いパットを引っ掛けたから、次は引っ掛けないように打って右プッシュ…。こうなると右と左が繰り返し出てしまいます。

自分を信じていれば、その前に出たミスの記憶を消していつものストロークができます。パッティングもショットもこの「いつも通り打つ」を心掛けてみてください。

  • コメント: 3

関連記事

  1. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  2. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  3. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  4. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  5. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況
  6. ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    2019.11.28

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    ちょっと今日は告知です。四谷にあるトータルゴルフフィットネスさんではずっと出張ストローク分析をさせ…

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)
  7. 重いほうが打ちやすいという人が多い

    2019.12.18

    重いほうが打ちやすいという人が多い

    ヘッドが効いているパターの方が打ちやすいという方が多いです。確かに軽いよりは重いほうが打ち…

    重いほうが打ちやすいという人が多い
  8. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  9. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中

コメント

    • athensdk
    • 2019年 10月 01日

    「いつも通り」のpattingを理解すること、第一歩はストローク分析ですね。

      • toshi
      • 2019年 10月 01日

      コメントありがとうございます。
      自分の癖を知っていつも通りやるためには、おっしゃる通りどうなっているかを正確に知ることだと思います。ストローク分析はかかせません。

      • toshi
      • 2020年 3月 31日

      おっしゃるとおり、まずは現状を知るところが第一歩となります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP