最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。

決めることというのはどこに打ち出すかという考えをまとめるということです。参考になるラインの情報がなかったり、他の人が打った結果を見ても迷う結果がでてしまった時はなかなか決められません。

参考になる情報があると曲がり幅を自分のラインに当てはめて、スピード感も合わせて打つことができます。こういう時に良いストロークができればだいたい入ることが多いです。

ただスライスなのかフックなのかも決め切れずに自分では決めたつもりで打っても、やはり自信を持って打つのとはラインがあっていたとしても転がりが変わったりします。

ショートパットなどは良い転がりで薄めに読んで打っても入ることもあるので良いのですが、ミドルパット、ロングパットなどはやはりそこそこのパットをするためには、しっかりそのラインだと決めて打つことが大事です。

決めて打って外したときと、決めないで外したときのダメージは結構違います。

みなさんも「しっかり決めて打つ」を心掛けて打ってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  2. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  3. パターのシャフトを選ぶ

    2019.08.15

    パターのシャフトを選ぶ

    最近はカーボンシャフトや、カーボンとスチールの複合シャフトなどスチールだけではなくなってきたパター…

    パターのシャフトを選ぶ
  4. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  5. アドレスの姿勢の話

    2019.09.12

    アドレスの姿勢の話

    ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。姿勢を良くしようと思ってか…

    アドレスの姿勢の話
  6. 自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    2018.06.7

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    市販されているパターの長さは女性用は32インチ。男性用は33インチ、34インチに加えて35インチもラ…

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2
  7. ”がっかり” してしまいました…

    2020.01.27

    ”がっかり” してしまいました…

    先日はがっかりしないことが次のホールに引きずらないために必要だという話を少し前にしましたが、先日…

    ”がっかり” してしまいました…
  8. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  9. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP