最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。

決めることというのはどこに打ち出すかという考えをまとめるということです。参考になるラインの情報がなかったり、他の人が打った結果を見ても迷う結果がでてしまった時はなかなか決められません。

参考になる情報があると曲がり幅を自分のラインに当てはめて、スピード感も合わせて打つことができます。こういう時に良いストロークができればだいたい入ることが多いです。

ただスライスなのかフックなのかも決め切れずに自分では決めたつもりで打っても、やはり自信を持って打つのとはラインがあっていたとしても転がりが変わったりします。

ショートパットなどは良い転がりで薄めに読んで打っても入ることもあるので良いのですが、ミドルパット、ロングパットなどはやはりそこそこのパットをするためには、しっかりそのラインだと決めて打つことが大事です。

決めて打って外したときと、決めないで外したときのダメージは結構違います。

みなさんも「しっかり決めて打つ」を心掛けて打ってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  2. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  3. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  4. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  5. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  6. STABILITY Shaft 実験4

    2019.06.24

    STABILITY Shaft 実験4

    今回は STABILITY Shaft が入ったパターと、いつものエースの TrueTemper …

    STABILITY Shaft 実験4
  7. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  8. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  9. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP