この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。

いつも通りできないと言うことは、厳しい言い方をすれば自信がないことの表れです。

たとえその前のパットでミスをしても、それに左右されずいつも通りの打ち方ができることが理想です。

今のミスはたまたま出たミスで、もう一度出るはずがないと思えるくらいの図々しさがゴルフには必要です。

短いパットを引っ掛けたから、次は引っ掛けないように打って右プッシュ…。こうなると右と左が繰り返し出てしまいます。

自分を信じていれば、その前に出たミスの記憶を消していつものストロークができます。パッティングもショットもこの「いつも通り打つ」を心掛けてみてください。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ
  2. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  3. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  4. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  5. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!
  6. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  7. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  9. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる

コメント

    • athensdk
    • 2019年 10月 01日

    「いつも通り」のpattingを理解すること、第一歩はストローク分析ですね。

      • toshi
      • 2019年 10月 01日

      コメントありがとうございます。
      自分の癖を知っていつも通りやるためには、おっしゃる通りどうなっているかを正確に知ることだと思います。ストローク分析はかかせません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP