TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきました。

やはり予想した通り打った時の音はかなりマイルドに感じました。そんな感覚もあって当たりもソフトになった感じです。

やはり室内と屋外では全く違う感じがしますね。

まず STABILITY Shaft と比較した感想は、当たりは間違いなく FF Shaft の方がマイルドになります。

そして久しぶりに使った TRUECoG CUPRUM ですがその打感の良さをあらためて感じる結果になりました。

そしてなにより景色が良いですね。STABILITY Shaft はカーボン部分がずっと同じ太さで下の方まであるので、結構景色に慣れるまで大変でした。

STABILITY Shaft は当たり負けない強いインパクトを実現するシャフト、FF Shaft は打感をマイルドにして爽快なインパクトを迎えられるシャフトという感じの印象です。

FF Shaft の方が普通のカーボンシャフトの良さを取り入れて、うまくスチールと融合している感じに感じます。

STABILITY Shaft とは比較になりません。どちらのシャフトにも良さがあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  2. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  3. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  4. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  5. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  6. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  7. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  8. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  9. いつも通り打つ

    2019.10.1

    いつも通り打つ

    この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。いつも通りできないと言うことは、…

    いつも通り打つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP