TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきました。

やはり予想した通り打った時の音はかなりマイルドに感じました。そんな感覚もあって当たりもソフトになった感じです。

やはり室内と屋外では全く違う感じがしますね。

まず STABILITY Shaft と比較した感想は、当たりは間違いなく FF Shaft の方がマイルドになります。

そして久しぶりに使った TRUECoG CUPRUM ですがその打感の良さをあらためて感じる結果になりました。

そしてなにより景色が良いですね。STABILITY Shaft はカーボン部分がずっと同じ太さで下の方まであるので、結構景色に慣れるまで大変でした。

STABILITY Shaft は当たり負けない強いインパクトを実現するシャフト、FF Shaft は打感をマイルドにして爽快なインパクトを迎えられるシャフトという感じの印象です。

FF Shaft の方が普通のカーボンシャフトの良さを取り入れて、うまくスチールと融合している感じに感じます。

STABILITY Shaft とは比較になりません。どちらのシャフトにも良さがあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースミーリングでここまで…

    2020.06.2

    フェースミーリングでここまで…

    先日 ANSERFREAK でレポートした PING VAULT 2.0 DALE ANSER 打…

    フェースミーリングでここまで…
  2. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  3. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  4. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  5. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  6. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  7. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  8. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  9. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP