以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST TRUECoG CUPRUM ですが、今回先週レポートした UST Mamiya の Frequency Filtered シャフトを入れてみました。

今日はまずどんなスペックで仕上がったかレポートします。

総重量:517.2g
グリップ重量(PING Rubber):60g
振動数:226cpm
カット前シャフト重量:104.8g
カット後シャフト重量:94.2g

肝心のバランスを計るのを忘れてしまいました…。

少しボールを転がしてみましたが、少し打音が硬くなった印象です。ただ打った感触とか打った時の音は屋外に行くとずいぶん印象が変わります。

バランスは良い感じになって重いと感じなくなりました。それと今回も PING のラバーグリップをつけてみたのですが、STABILITY Shaft よりも若干細いのか、右手部分がいつもの感じになったような気がします。

それと STABILITY Shaft は結構下の方までカーボンシャフトになっているのですが、Frequency Filtered Shaft はグリップの下10cmくらいがカーボンシャフトでその下はスチールでいつもの風景と違和感なく構えられました。

早速ラウンドでも使ってみましたのでまた次回使い心地についてレポートします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  2. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  3. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  4. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ
  5. Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    2020.04.17

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    先日発売になった Choice の記事を読んでいて面白いデータが出ていたので紹介しておきます。…

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報
  6. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  7. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  8. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  9. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP