最近 STABILITY Shaft がずいぶん売れているようですが、似たような構造のシャフトが以前はありました。

それが表題の UST Mamiya Frequency Filtered Putter というシャフトです。

以前は日本でも販売されていましたが、今は取り扱いが無くなり直輸入の業者でのみの販売になってしまっています。

Putting Labo. では在庫しているシャフトが数本あったので、これを引っ張り出してみました(興味がある方にはまだ10本ほど在庫がありますのでお問い合わせください)

STABILITY Shaft はカーボン部分がかなり長くスチール部分は短くなっていますが、この Frequency Filtered Putter は、スチール部分が長くなっています。

これが発売された当時はあまりかっこいいと思わなかったのですが、今見てみると STABLITY Shaft よりも見た目の違和感は少ないです。

このシャフト重さは106g。STABILITY Shaft とはコンセプトの違うこのシャフト、KRONOS パターが純正採用しています。

早速 TRUECoG CUPRUM に入れて使ってみようと思います。また次回以降に詳細レポートします。

今週末も3連休ですね。まだ若干の空きがありますので、雨予報でゴルフが中止になった方、是非パッティングストローク分析を受けにいらしてください!

ご予約は 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  2. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  3. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  5. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚
  6. ボールにライン 応用編

    2020.04.2

    ボールにライン 応用編

    ストローク分析にいらした方で、ボールに線を入れているという方にはお話ししている内容です。…

    ボールにライン 応用編
  7. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  8. パターのすわりの良し悪し

    2020.05.28

    パターのすわりの良し悪し

    このパターは構えにくい...って結構ありますよね。それに店頭で気がつけば同じモデルの他のパ…

    パターのすわりの良し悪し
  9. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP