ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決まります。

ほとんどはフェースの向きで決まりますが、ストローク軌道によってそれが改善されたり、ミスがひどくなったりします。

その影響度はフェースの向きが80%以上、ストローク軌道が20%以下ということになります。

自分が思った方向に打ち出すためには、ここのつじつまが合った動きになっていないとその方向には飛び出しません。なので、ストローク分析をしてみるとこのつじつまはだいたいあっている場合が多いです。

ミスパットをするときはそのつじつまが合わないときで、そのミスがどうしたら出なくなるかを考えなくてはなりません。

フェースが開いて当たるので、アウトサイドインに当たらなければならないのに、軌道が真っすぐになってしまった…そうするとボールは右に行ってしまうわけです。

安定した部分がどこなのか?不安定な部分がどこなのか?をしっかり把握することとそれに対応したストロークイメージを持つことがミスパットを減らすことにつながります。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 距離感が変わる原因

    2019.12.20

    距離感が変わる原因

    先日ストローク分析をした方で距離感がなかなか合わないという方がいらっしゃいました。何が悪く…

    距離感が変わる原因
  2. CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    2020.04.24

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっ…

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響
  3. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?
  4. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  5. 腰が痛くなるまで練習したい

    2020.05.26

    腰が痛くなるまで練習したい

    関東1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除になり、少しゴルフをする気が出てきました。店舗の方は6/1…

    腰が痛くなるまで練習したい
  6. VISIO PUTTING LASER

    2020.04.7

    VISIO PUTTING LASER

    先日導入した Precision Laboratory の CAPTO ですが、そのセットに含ま…

    VISIO PUTTING LASER
  7. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  8. パット数のカウントだけでは不十分

    2020.06.11

    パット数のカウントだけでは不十分

    スコアカードにパット数を書いている方は結構いると思います。スコアカードの数字というのは残酷…

    パット数のカウントだけでは不十分
  9. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP