ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決まります。

ほとんどはフェースの向きで決まりますが、ストローク軌道によってそれが改善されたり、ミスがひどくなったりします。

その影響度はフェースの向きが80%以上、ストローク軌道が20%以下ということになります。

自分が思った方向に打ち出すためには、ここのつじつまが合った動きになっていないとその方向には飛び出しません。なので、ストローク分析をしてみるとこのつじつまはだいたいあっている場合が多いです。

ミスパットをするときはそのつじつまが合わないときで、そのミスがどうしたら出なくなるかを考えなくてはなりません。

フェースが開いて当たるので、アウトサイドインに当たらなければならないのに、軌道が真っすぐになってしまった…そうするとボールは右に行ってしまうわけです。

安定した部分がどこなのか?不安定な部分がどこなのか?をしっかり把握することとそれに対応したストロークイメージを持つことがミスパットを減らすことにつながります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  2. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  3. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  4. 悪い流れを断つ

    2019.12.27

    悪い流れを断つ

    ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりして…

    悪い流れを断つ
  5. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?
  6. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  7. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  8. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  9. 重いほうが打ちやすいという人が多い

    2019.12.18

    重いほうが打ちやすいという人が多い

    ヘッドが効いているパターの方が打ちやすいという方が多いです。確かに軽いよりは重いほうが打ち…

    重いほうが打ちやすいという人が多い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP