ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。

シャットにあげようとすると体の動きも正しい動きに近づいてきます。正しい動きというのはここではショルダーストロークのことです。

テークバックを手であげたり、体の回転を使ったりすると、フェースの開閉が必要以上に大きくなってしまいます。

シャットにあげる意識を持つことによって体の動きは最小限に抑えられ、余計な動きが少なくなってきます。

うまくやりすぎるとヒールから引くような意識になってしまいがちですが、そこまではやらなくてもいいです。

フェースがインサイドに入ってきてもフェース面が必要以上に開かないようにするくらいの意識にしてみてください。とにかく開きすぎにならないための意識ですので、本当に閉じてしまうとやりすぎになってしまいます。

練習は根気強くやることが重要ですが、前から言っているとおりうまく意識できすぎてやりすぎてしまうことに気をつけましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  2. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  3. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  4. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  5. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  6. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  7. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  8. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  9. こんなになる前に交換!

    2019.09.17

    こんなになる前に交換!

    先日のラウンドでは新しいシャフトを入れたパターを持って帰るのを忘れてしまい、家にあるパターをとりあ…

    こんなになる前に交換!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP