ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。

姿勢を良くしようと思ってかかと重心になってしまったり、ボールに近づこうと思ってつま先重心になってしまったり…。

正しい位置に重心がないと体の動きもスムーズになりません。基本的には土踏まずで立っている意識がわかりやすいかと思います。

4スタンス理論の話になりますが、Aタイプの方はつまさき、Bタイプの方はかかとという表現が結構されていますが、それは行き過ぎの表現です。

Aタイプのラインは土踏まずのつま先側のライン、Bタイプのラインは土踏まずのかかと側のラインになります。

ですので、つま先に乗りすぎたりかかとに乗りすぎるのは行きすぎです。パッティングストロークの分析をする際に遠くからどのあたりに体重がかかっているかを後方から見ますが、やはり綺麗に立てている方はストロークもスムーズな傾向があります。

たまに自分が構えている姿を鏡にうつしてみると参考になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  2. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  3. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  4. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  5. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  6. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  7. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  8. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  9. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP