ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。

姿勢を良くしようと思ってかかと重心になってしまったり、ボールに近づこうと思ってつま先重心になってしまったり…。

正しい位置に重心がないと体の動きもスムーズになりません。基本的には土踏まずで立っている意識がわかりやすいかと思います。

4スタンス理論の話になりますが、Aタイプの方はつまさき、Bタイプの方はかかとという表現が結構されていますが、それは行き過ぎの表現です。

Aタイプのラインは土踏まずのつま先側のライン、Bタイプのラインは土踏まずのかかと側のラインになります。

ですので、つま先に乗りすぎたりかかとに乗りすぎるのは行きすぎです。パッティングストロークの分析をする際に遠くからどのあたりに体重がかかっているかを後方から見ますが、やはり綺麗に立てている方はストロークもスムーズな傾向があります。

たまに自分が構えている姿を鏡にうつしてみると参考になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    2019.12.17

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。それで…

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…
  2. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  3. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  4. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  5. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  6. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  7. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  8. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向
  9. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP