Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Cameron 製の物です。

正式名称は Scotty Cameron Loft & Lie Fixture といいます。この機械かなり優れていて、パターヘッドを固定したまま調整が可能になっています。

一般的にはパターヘッドを万力に挟んで曲げるのですが、これはヘッドを固定して計測しながらの調整が可能になります。 

Scotty Cameron のパターはもちろん、奥行きが入るものであれば全て調整が可能です。これに挟まらない物は一般的な方法での調整となりますので、若干時間がかかります(その場での調整は可能です)。

今日はこの Loft & Lie Fixture の優れた機能の一つを紹介します。

この部品何だと思いますか?こういうものを作るところが素晴らしいですね。これは機械のゼロ合わせ(調整)をするものです。

ヘッドを挟む部分に立てて固定します。その状態でロフトが0度、ライ角が90度になっていることを確認し、ずれが生じていればメモリ部分を調整する方式になっています。

これを利用して月に2回ほどチェックしていますが、いまのところずれていたことはありません。

この機械を使ったロフト・ライの調整はお送りいただいても可能です。もちろんストローク分析をしていただいたときにその場で行うこともできます。

今月は分析とセットで調整費が半額というキャンペーンをしています。是非この機会にご利用ください。お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは、03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  2. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  3. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  4. TaylorMade TRUSS パターって

    2020.07.21

    TaylorMade TRUSS パターって

    パターのネックが棒ではなくて、平面になった TRUSS パターが話題ですね。自分は見かけか…

    TaylorMade TRUSS パターって
  5. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  6. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  7. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  8. ラインに集中し過ぎて…

    2020.10.13

    ラインに集中し過ぎて…

    今回は定期的にいらしていただいているお客様の例をお話しします。今回ショートパットでスライス…

    ラインに集中し過ぎて…
  9. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP