Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Cameron 製の物です。

正式名称は Scotty Cameron Loft & Lie Fixture といいます。この機械かなり優れていて、パターヘッドを固定したまま調整が可能になっています。

一般的にはパターヘッドを万力に挟んで曲げるのですが、これはヘッドを固定して計測しながらの調整が可能になります。 

Scotty Cameron のパターはもちろん、奥行きが入るものであれば全て調整が可能です。これに挟まらない物は一般的な方法での調整となりますので、若干時間がかかります(その場での調整は可能です)。

今日はこの Loft & Lie Fixture の優れた機能の一つを紹介します。

この部品何だと思いますか?こういうものを作るところが素晴らしいですね。これは機械のゼロ合わせ(調整)をするものです。

ヘッドを挟む部分に立てて固定します。その状態でロフトが0度、ライ角が90度になっていることを確認し、ずれが生じていればメモリ部分を調整する方式になっています。

これを利用して月に2回ほどチェックしていますが、いまのところずれていたことはありません。

この機械を使ったロフト・ライの調整はお送りいただいても可能です。もちろんストローク分析をしていただいたときにその場で行うこともできます。

今月は分析とセットで調整費が半額というキャンペーンをしています。是非この機会にご利用ください。お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは、03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  2. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  3. 真っ直ぐに打とうという意識が…

    2019.10.28

    真っ直ぐに打とうという意識が…

    最近ストローク分析をしていて感じることです。自分もそうだったのですが、インパクトでフェース…

    真っ直ぐに打とうという意識が…
  4. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  5. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  6. 久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    2020.06.15

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…

    久しぶりのラウンドでパッティングや、アプローチの感覚が大丈夫かかなり不安がありました。その…

    久しぶりのラウンドで考えていたことは…
  7. パターをすわらせてみる

    2020.06.17

    パターをすわらせてみる

    パターをすわらせるといってもどんなことかよくわからないかもしれませんね。パターはすわりがいいとかす…

    パターをすわらせてみる
  8. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  9. フェースバランスのパターでプッシュ

    2019.05.31

    フェースバランスのパターでプッシュ

    私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが…

    フェースバランスのパターでプッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP