Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Cameron 製の物です。

正式名称は Scotty Cameron Loft & Lie Fixture といいます。この機械かなり優れていて、パターヘッドを固定したまま調整が可能になっています。

一般的にはパターヘッドを万力に挟んで曲げるのですが、これはヘッドを固定して計測しながらの調整が可能になります。 

Scotty Cameron のパターはもちろん、奥行きが入るものであれば全て調整が可能です。これに挟まらない物は一般的な方法での調整となりますので、若干時間がかかります(その場での調整は可能です)。

今日はこの Loft & Lie Fixture の優れた機能の一つを紹介します。

この部品何だと思いますか?こういうものを作るところが素晴らしいですね。これは機械のゼロ合わせ(調整)をするものです。

ヘッドを挟む部分に立てて固定します。その状態でロフトが0度、ライ角が90度になっていることを確認し、ずれが生じていればメモリ部分を調整する方式になっています。

これを利用して月に2回ほどチェックしていますが、いまのところずれていたことはありません。

この機械を使ったロフト・ライの調整はお送りいただいても可能です。もちろんストローク分析をしていただいたときにその場で行うこともできます。

今月は分析とセットで調整費が半額というキャンペーンをしています。是非この機会にご利用ください。お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは、03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  2. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  3. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  4. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  5. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  6. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  7. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  8. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  9. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP