Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Cameron 製の物です。

正式名称は Scotty Cameron Loft & Lie Fixture といいます。この機械かなり優れていて、パターヘッドを固定したまま調整が可能になっています。

一般的にはパターヘッドを万力に挟んで曲げるのですが、これはヘッドを固定して計測しながらの調整が可能になります。 

Scotty Cameron のパターはもちろん、奥行きが入るものであれば全て調整が可能です。これに挟まらない物は一般的な方法での調整となりますので、若干時間がかかります(その場での調整は可能です)。

今日はこの Loft & Lie Fixture の優れた機能の一つを紹介します。

この部品何だと思いますか?こういうものを作るところが素晴らしいですね。これは機械のゼロ合わせ(調整)をするものです。

ヘッドを挟む部分に立てて固定します。その状態でロフトが0度、ライ角が90度になっていることを確認し、ずれが生じていればメモリ部分を調整する方式になっています。

これを利用して月に2回ほどチェックしていますが、いまのところずれていたことはありません。

この機械を使ったロフト・ライの調整はお送りいただいても可能です。もちろんストローク分析をしていただいたときにその場で行うこともできます。

今月は分析とセットで調整費が半額というキャンペーンをしています。是非この機会にご利用ください。お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは、03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  2. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  3. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  4. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  5. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  6. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  7. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  8. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  9. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP