計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。

理想のストロークをさせるためだけに使うと、効果が半減するどころかマイナスにしてしまうこともあります。

ですので使い手によってその効果が変わってきます。

いつも言っていますが、複雑な数字を見てプロのようなストロークを目指すことが、その人ができる(やりやすい)動きになるとは限りません。

私が行うパッティングストローク分析では、再現性というパラメータを重要な数値として考え、その人の安定している動き、安定していない動きを考えながら、修正すべき点を考えています。

基本的にやりにくい動きが再現性高くできるようにするためには、かなりの根気と練習量が必要になり、更にはそれを自分のイメージとして違和感なくできるようにするには長い年月とラウンド回数も必要になります。

カップに入れる為にはどうすることが必要か?自分のどんな部分を活かしながら何処を修正するのが効率が良いか?

それができるのが他のフィッターとは違う部分だと思っています。是非パッティングストローク分析をしにいらしてみてください。「来てみて良かった」と言っていただけると思います。

今月もストローク分析ではだいたいやることをお勧めすることになるパターのロフトライ調整がセットになったお得なプランを用意しています。
ご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!ご予約お問い合わせお待ちしております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  2. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  3. また長尺パターに興味が…

    2020.06.18

    また長尺パターに興味が…

    先日ラウンドしたプロが長尺パターを使っていました。2~3mのパーパットやバーディーパットは…

    また長尺パターに興味が…
  4. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  5. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  6. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  7. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  8. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  9. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP