パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にきたときに本当に別人のようになっていることが結構あります。

パッティングは室内でできますし、場所がなくても素振りだけでもイメージは変えられます。

その手軽さも手伝って、毎日練習をしたおかげで別人のようになれたわけです。修正すべきイメージで何度も体に染み込ませてきたので、違和感もそれほどない状態になっています。

ですがそういう環境にあったり、その熱意がある人ほど気をつけなければならないことがあります。それはやり過ぎです。

この「やりすぎ」は回数や時間のやり過ぎではなく、自分がやろうと思っているストロークがどんなイメージでできるかを考え、そのイメージで練習するのですが、だいたいの場合それはイメージであって目標とする動きとは違ったりします。

例えば、真っ直ぐに引いていると思っていたのに実際にはアウトサイドに上がってしまっている…。これを真っ直ぐに修正するために、自分ではインサイドに引くイメージで、軌道が真っ直ぐになるということがわかりました。

このイメージでやっていると本当にインサイドに引くようになってしまい、また違う問題が出てきてしまいます。

こんなことにならないための確認方法もお伝えして練習してもらうのですが、一生懸命に頑張って練習する人ほどこんな状況に陥りやすいので注意が必要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  2. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  3. アドレスの姿勢の話

    2019.09.12

    アドレスの姿勢の話

    ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。姿勢を良くしようと思ってか…

    アドレスの姿勢の話
  4. CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    2020.04.28

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    今回の検証はパターヘッドの軌道がどんなデータとして表示されるかチェックしてみました。結構…

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道
  5. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  6. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  7. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  8. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  9. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP