先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりがしにくい方がいらっしゃいました。

インサイドには引けているけどインパクト時のヘッド軌道はアウトサイドイン。アウトサイドインでフェースがクローズなので少し左目に飛んでいきます。

カップを外れるほどではないので、3mの距離では真っ直ぐのラインを右カップ内側のイメージで打つことで解決できると思ったのですが、ご本人は少しインサイドからの軌道に直したいとのこと。

インサイドに引いているのにアウトサイドインになる時はだいたいインパクトに向かって引っ張る軌道になってしまっている時で、当たる場所もアドレス時の位置よりもトウ寄りになっています。

まずは少しヒールで当てる意識でやってみてもらうと、インサイドから当てられるようになるのですが、今度フェースが開いてしまいます。

開かないように意識するとアウトサイドインに戻ってしまいます。この繰り返しになってしまったので、元々安定していた軽いアウトサイドインの軌道に戻すことをお勧めしました。

何も意識しないで毎回ナチュラルにできることを優先することの大事さを痛感しました。

左に行くミスはフェースの向きを左に向けすぎない意識を作ることで解決できそうでしたので良かったです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  2. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  3. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  4. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  5. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  6. STABILITY Shaft 実験4

    2019.06.24

    STABILITY Shaft 実験4

    今回は STABILITY Shaft が入ったパターと、いつものエースの TrueTemper …

    STABILITY Shaft 実験4
  7. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  8. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  9. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP