先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりがしにくい方がいらっしゃいました。

インサイドには引けているけどインパクト時のヘッド軌道はアウトサイドイン。アウトサイドインでフェースがクローズなので少し左目に飛んでいきます。

カップを外れるほどではないので、3mの距離では真っ直ぐのラインを右カップ内側のイメージで打つことで解決できると思ったのですが、ご本人は少しインサイドからの軌道に直したいとのこと。

インサイドに引いているのにアウトサイドインになる時はだいたいインパクトに向かって引っ張る軌道になってしまっている時で、当たる場所もアドレス時の位置よりもトウ寄りになっています。

まずは少しヒールで当てる意識でやってみてもらうと、インサイドから当てられるようになるのですが、今度フェースが開いてしまいます。

開かないように意識するとアウトサイドインに戻ってしまいます。この繰り返しになってしまったので、元々安定していた軽いアウトサイドインの軌道に戻すことをお勧めしました。

何も意識しないで毎回ナチュラルにできることを優先することの大事さを痛感しました。

左に行くミスはフェースの向きを左に向けすぎない意識を作ることで解決できそうでしたので良かったです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある
  2. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T
  3. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  4. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  5. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  6. パターのお色直しで気分転換

    2019.04.22

    パターのお色直しで気分転換

    Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。今回は最近出番がな…

    パターのお色直しで気分転換
  7. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  8. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  9. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP