「理想の打ち方」について最近よく考えています。

ですが答えは一つではないことにいつも気づかされます。それは一つのやり方を全ての人に当てはめてはいけないし、当てはまらない人もいることを知っていなければなりません。

分析したり、アドバイスしたり、レッスンしたりする人は、自分の考え(自分の理想のストローク)を押し付けてはいけないということを認識しなければなりません。

ロボットが打ったら毎回同じように転がせるかもしれませんが、ロボットの動きを人間にしろと言ってもそれは無理です。

ロボットが同じように動けるのは「固定されている」と「動く方向が決まっている」のでうまくいっています。

ですが人によっては動かしやすい方向が違い、動かしにくい方向には再現性高く動かせません。再現性が低いことを何度やってもなかなか確率は上がってきません。

ですが再現性の高い動き方は何も意識しないでできてしまう動きです。

その動き方をまっすぐに打つ条件に合致するようにすることが、その人の理想のストロークということになります。

パッティングストローク分析であなたに最適なストロークを見つけてください!お問い合わせは info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  2. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  3. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  4. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  5. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  6. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  7. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  8. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  9. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP