最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。

中には PING のように重いヘッドにもしてもらえるパターがあったり、ODYSSEY はウェイトキットを別売りにして好みのヘッドバランスで使うことができるようになっています。

ヘッドバランスを変えたいというお客さんの要望で、ヘッドを重くしたいという人はいますが、ヘッドを軽くしたいという人はほとんどいません。

昔とはグリーンの事情が変わって、ボールを打たなければならないという状況ではなくなり、ラインに乗せてボールを打ち出すだけになっています。

ですのでたまに遅い高麗グリーンなどに行くと重いヘッドのパターを使っているにもかかわらず届かないということが起きるわけです。

昔はグリーンが遅かったので軽いバランスのパターでしっかりインパクトするという打ち方が主流でした。ですが今はそんな打ち方をする人は全体の20%くらいですかね…。

でもしっかりインパクトをしたいという方は最近の重いヘッドよりも軽いヘッドが打ちやすく感じることがあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  2. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  3. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  4. 曲がらない〇〇でラインを作る

    2019.10.31

    曲がらない〇〇でラインを作る

    人それぞれイメージの出やすいラインがあります。そのラインになるとしっかり正しい打ち方ができる。…

    曲がらない〇〇でラインを作る
  5. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」

    2018.09.11

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリ…

    先日ヘッドのスペックが決まり、今日はグリップをどうするかを考えてみます。以前太いグリップが合…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」
  9. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP