パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。

ライ角調整をしていてよくあるパターンがあります。それについて少し書いておきます。

ライ角が自分に合っていないのではないか?と思っていらっしゃる方の中に自分の置きたい手の位置が明確に決まっていない方が感覚的には30%くらいはいらっしゃいます。

そういう人の多くはこんな感じになります。

例えば手の位置がすごく下の方に来るので、パターのトウが浮いてしまいフラットにしたい。ストローク分析をして3度フラットにするのが良さそうという結果になった。

その通りライ角を合わせてお渡しすると、最初の手の位置よりも手が下になっている…。もう少しやってほしいと言われてあと1度やってみる。

ですが、渡して構えるとまたさらに手が下に行っている…。こんな繰り返しになることが結構あります。

こういう場合は一度は出た数値よりも調整幅を大きくしますが、最終的には元の数値に戻します。これは見慣れたヘッドの見え方にしてしまっていることも考えられます。

こういう場合はアドレスした時の状態でヘッドを押さえてどうなっているかを確認してもらったりします。意外と普段の見え方に慣れてしまっているということは起こりがちなので気をつけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  2. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  3. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  4. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  5. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  6. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  7. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  8. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  9. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP