色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。

全体のストローク軌道ではなかなか分からないことがありますが、インパクト時にクラブヘッドがアウトから来るのか?インから来るのか?

更にはその時にフェースがどちらを向いているのか?で打ちやすい方向、打ちにくい方向が決まります。

アウトサイドインの人が真っ直ぐに打ち出すにはフェースがオープンになっている必要があります。その逆でインサイドアウトの人はフェースがクローズになっていないと真っ直ぐに打ち出せません。

インサイドアウトの軌道でインパクトをむかえる人が左に打ち出すのはかなりのフェース向きの調整が必要になりますのでかなりやりにくくなります。その逆のアウトサイドインでインパクトをむかえる人は右に打ち出すのは難しくなります。

ということです一般的にはアウトサイドインの人はスライスラインを打ちやすく感じて、インサイドアウトの人はフックラインが打ちやすくなります。

ただラインによってテークバックの方向が変わる人も少なくありません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 練習量が多すぎると…

    2020.10.1

    練習量が多すぎると…

    自分の悪いところや改善すべき点がわかると一生懸命練習して身につけようとします。器用な人はす…

    練習量が多すぎると…
  2. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  3. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3
  4. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  5. ヘッドを動かそうと思わない

    2020.10.26

    ヘッドを動かそうと思わない

    少し前にテークバックで揺れる人にヘッドを引こうと思わないという話をしましたが、今日はその話をもっと…

    ヘッドを動かそうと思わない
  6. パッティングで大事なこと

    2020.03.23

    パッティングで大事なこと

    この話は何度かしたことがあるかと思いますが、先日もいらした方に聞かれたのでまた書こうと思います。…

    パッティングで大事なこと
  7. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  8. 練習を一生懸命する人ほど…

    2019.09.6

    練習を一生懸命する人ほど…

    パッティングストロークの分析をして、修正ポイントがわかり一生懸命練習をしてその成果をもう一度見にき…

    練習を一生懸命する人ほど…
  9. ショルダーストロークができれば

    2020.08.26

    ショルダーストロークができれば

    パッティングストロークの軌道はこのショルダーストロークができていると自然にインサイドインの軌道にな…

    ショルダーストロークができれば

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP