よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。

イメージとしてはフェースの向きが変わらず打ちたい方向に打ち出しやすい動きのような気がします。

この動きが本当にできてしまっている(あえてそう言います)人もいれば、それはあくまでのイメージで、実際にはそうなっていない人もいます。

ではこの「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」は正しいやり方なのか?私のこの答えは「手で打たないとできない特殊な打ち方」だと思っています。

日頃からパッティングはショルダーストロークだと言っていますが、ショルダーストロークではグリップエンドと自分のおへその距離が常に一定になる動きになります。

この動きになっていれば、手とクラブの距離が変わらないので、テークバックではインサイドに入り、フォローでもインサイドに入ってきます。

これがテークバックを真っ直ぐにするためには手の位置を身体から離す意識が必要になります。同じくフォローでも手の位置は身体から離れないと真っ直ぐには出せません。

思ったとおりにやっている人はこの動きができています。ですが、そうは思ってもできていない人はやはり軽くインサイドに入って軽くインサイドに戻ってきます。

身体から手の位置が離れていくことはストロークが安定しない要因になります。強くこの動きを意識している人はストロークが不安定になっているとしたらこのイメージが邪魔をしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  2. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  3. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  4. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  5. 理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    2019.09.2

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    「理想の打ち方」について最近よく考えています。ですが答えは一つではないことにいつも気づかさ…

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない
  6. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  7. ショットとストロークの連動

    2020.03.5

    ショットとストロークの連動

    パッティングストロークの分析をしていると、結構な確率で起こる現象があります。これまでの打…

    ショットとストロークの連動
  8. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  9. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP