よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。

イメージとしてはフェースの向きが変わらず打ちたい方向に打ち出しやすい動きのような気がします。

この動きが本当にできてしまっている(あえてそう言います)人もいれば、それはあくまでのイメージで、実際にはそうなっていない人もいます。

ではこの「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」は正しいやり方なのか?私のこの答えは「手で打たないとできない特殊な打ち方」だと思っています。

日頃からパッティングはショルダーストロークだと言っていますが、ショルダーストロークではグリップエンドと自分のおへその距離が常に一定になる動きになります。

この動きになっていれば、手とクラブの距離が変わらないので、テークバックではインサイドに入り、フォローでもインサイドに入ってきます。

これがテークバックを真っ直ぐにするためには手の位置を身体から離す意識が必要になります。同じくフォローでも手の位置は身体から離れないと真っ直ぐには出せません。

思ったとおりにやっている人はこの動きができています。ですが、そうは思ってもできていない人はやはり軽くインサイドに入って軽くインサイドに戻ってきます。

身体から手の位置が離れていくことはストロークが安定しない要因になります。強くこの動きを意識している人はストロークが不安定になっているとしたらこのイメージが邪魔をしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  2. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  3. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  4. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  5. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  6. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  7. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況
  8. 長尺パター復活のための下準備 1

    2020.07.7

    長尺パター復活のための下準備 1

    長尺用のグリップが準備できたので、色々準備を始めました。まず最初に現状のスペック計測。…

    長尺パター復活のための下準備 1
  9. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP