ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。

私もリズムという話をすることが結構あります。パッティングのリズムが悪いと色々な不都合が出てきます。

ただ誰でもこのリズムが良いというものは無くて、リズムが悪くなっている原因があります。

その原因の多くはテークバックにかける時間であることが多いです。小さいテークバックからある程度の距離を打とうとすると、インパクトが強くなります。

これは強くしないとボールを飛ばせなくなるので当然そうなってしまいます。逆にテークバックが大きいと飛び過ぎないようにインパクトが緩みます。

緩むということはインパクトが弱くなるので、この調整を毎回同じようにやることはかなり難しいことになります。

ですので、リズムが悪い方にはテークバックの幅のイメージを変えてもらうことから始めることが多いです。なんだか距離感が合わないなと感じることが多い方はテークバックの幅を見直してみてください。

リズムを変えようと思うと難しいですが、テークバックの意識だと意外とすんなり変えられて、距離感も良くなってきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  2. 低い体勢でラインを見てみた

    2021.06.14

    低い体勢でラインを見てみた

    先日のラウンドでは気がついたら態勢を低くして傾斜を見てみました。見る方向は下からのみ(ボー…

    低い体勢でラインを見てみた
  3. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  4. 打ち出す方向を決める前に

    2020.10.6

    打ち出す方向を決める前に

    実際にパッティングをする前にできることがたくさんあります。限られた自分の時間の中でいかにた…

    打ち出す方向を決める前に
  5. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  6. アームロックパターにカスタム

    2020.12.1

    アームロックパターにカスタム

    ここのところ何本かのパターのアームロックパター化の依頼を受けたのでちょっと紹介します。デシ…

    アームロックパターにカスタム
  7. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  8. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  9. Scotty Cameron のネック形状変更を考える 3

    2021.01.27

    Scotty Cameron のネック形状変更を考える 3

    前回の言葉だけでの表現ではわからないとのご連絡をいただきましたので、画像を撮りましたので紹介します…

    Scotty Cameron のネック形状変更を考える 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP