ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。

カップまで転がす方法はかなりたくさんあります。ですので、こう打たないといけないということはありません。狙った方向に打ち出す確率を上げる方法は人それぞれ違うのがパッティングです。

重要なのはカップに入る確率を上げることで綺麗にストロークすることだけがその目的を達成できる方法ではありません。

ですのでプロがどんな打ち方をしていようと、どんなリズムで打っていようとそれが自分にマッチするかどうかはわかりません。綺麗に打っているから入るならプロのように綺麗な打ち方ができるようにすればいい。

ですが、実際にその動きが確率良くできないのであれば、その打ち方は自分に合わないということです。それを一生懸命練習してもパッティングを難しくするばかりになってしまいます。

パッティングのストロークデータはもちろん有用な情報です。ですがそれがプロのようではないことを大きな問題と考えるのは間違ったアプローチだと思っています。

ではどうすればいいのかを次回以降に少しずつお話ししようと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  2. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  3. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  4. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  5. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  6. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  7. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  8. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  9. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP