アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。

そこだけを部分的にみると真っ直ぐに打ち出せない原因になりそうですが、当たるときには真っ直ぐになる人も少なくありません。

そんな人に真っすぐ構えるように言っても違和感があるだけで、そうできたことで良い結果になるとは限りません。

あのタイガー・ウッズもアドレス時のフェースの向きはかなりオープンになっています。だからと言ってボールを右に外すことが多いわけではありません。

その状態からしっかりローテーションを使ってボールをつかまえて打つことができる技術があるから転がりの良いボールを打つことができているわけです。

パッティングストロークのデータは、そういうところまで読まなければ誤った解釈をしてしまうことがあります。

その偏った解釈でストロークをいじることはかえって確率を悪くすることにつながりかねません。

私が行うパッティングストローク分析では、その人の良いところを活かしつつ形にとらわれないストロークを身につけていただく内容でやっています。

もちろん綺麗なストロークをしたいという方にはその方法についてもお答えしています。

是非機会を作ってストローク分析を受けてみてください。お問い合わせご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  2. 見事なストレート軌道、でもこれは…

    2019.11.18

    見事なストレート軌道、でもこれは…

    先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。た…

    見事なストレート軌道、でもこれは…
  3. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  4. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  5. 膝の位置を動かさないで素振り

    2020.05.14

    膝の位置を動かさないで素振り

    先日ちょっと動画を撮ってみました。もしかしたら違うところで見る機会がある人もいるかもしれませんが、…

    膝の位置を動かさないで素振り
  6. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  7. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  8. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  9. ヘッドスピード測定器で練習

    2020.02.3

    ヘッドスピード測定器で練習

    結構昔に購入した物ですが、いまだに練習に登場する機会があるのがヘッドスピード測定器です。…

    ヘッドスピード測定器で練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP