アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。

そこだけを部分的にみると真っ直ぐに打ち出せない原因になりそうですが、当たるときには真っ直ぐになる人も少なくありません。

そんな人に真っすぐ構えるように言っても違和感があるだけで、そうできたことで良い結果になるとは限りません。

あのタイガー・ウッズもアドレス時のフェースの向きはかなりオープンになっています。だからと言ってボールを右に外すことが多いわけではありません。

その状態からしっかりローテーションを使ってボールをつかまえて打つことができる技術があるから転がりの良いボールを打つことができているわけです。

パッティングストロークのデータは、そういうところまで読まなければ誤った解釈をしてしまうことがあります。

その偏った解釈でストロークをいじることはかえって確率を悪くすることにつながりかねません。

私が行うパッティングストローク分析では、その人の良いところを活かしつつ形にとらわれないストロークを身につけていただく内容でやっています。

もちろん綺麗なストロークをしたいという方にはその方法についてもお答えしています。

是非機会を作ってストローク分析を受けてみてください。お問い合わせご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!

  • コメント: 0

関連記事

  1. duckbill golf ROCKER SOLE REMAKE Special Edition

    2019.11.11

    duckbill golf ROCKER SOLE REMAKE Sp…

    ANSERFREAK をご覧いただいている方には告知しましたが、こちらだけの読者の方にはまだ告知し…

    duckbill golf ROCKER SOLE REMAKE Special Edition
  2. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  3. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  4. 打ち出し方向を決める要素

    2020.11.4

    打ち出し方向を決める要素

    以前に同じ話をしたかもしれませんが、大事な話なのでまたお話しします。パッティングで重要なの…

    打ち出し方向を決める要素
  5. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  6. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  7. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  8. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  9. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP