パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。

その時に答えるのは右利きの人であれば左脇(左体側)が縮むイメージです。体が傾くイメージなのですが、なかなかそれが伝わらないときにこの表現を使っています。

左脇(左体側)を縮ませようと思うと、左肩が下がる感じがわかると思います。右体側を伸ばすイメージとは違うのかといわれるのですが、そうすると体が左に傾いてしまいますので、ちょっとイメージが違います。

左体側を縮めれば体が大きく左に傾くことはありません。

ショルダーストロークは背骨を軸に回る運動ではありません。肩が上下する運動に近い動きになります。

それを意識するには体側の動きを意識するとやり易くなりますのでやってみてください。

この動き、結構腹筋を使わないとできない動きなので、腹筋にテンションを感じたら良い動きができていると思っていいと思います。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  2. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  3. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  4. ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    2019.07.24

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。全体のストローク軌道で…

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる
  5. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  6. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し
  7. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  8. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  9. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP