フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェースに乗っている時間が長くなります。

フェースに乗る時間が長くなるということは、ボールのつかまりが良くなることにつながります。

したがって樹脂インサートや、深いミーリングのパターはボールがフェースに接する時間が長くつかまりやすいためロフトは小さくしても大丈夫です。

逆に打感が硬めに感じるものは球離れが早いのでロフトを多くすることによってボールを運ぶ感覚を得ることができます。

これに加えてインパクト時のインパクトロフトをあわせて考え自分に最適なロフトを見つけることが重要になります。

それを見つけることができるのがパッティングストローク分析になります。是非分析を受けて自分に最適なロフトを見つけてください。

パッティングストローク分析に関してのお問い合わせは 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 1

関連記事

  1. 自己分析後のパッティング

    2020.08.20

    自己分析後のパッティング

    自分のストロークを数値化してみて悪いところがわかり、それを改善しながらのラウンドをしてきました。…

    自己分析後のパッティング
  2. やっぱり引っかかる

    2019.09.18

    やっぱり引っかかる

    先日久しぶりに Scotty Cameron の 009 を使って感じたことがあります。し…

    やっぱり引っかかる
  3. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  4. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  5. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  6. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T
  7. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  8. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  9. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP