フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェースに乗っている時間が長くなります。

フェースに乗る時間が長くなるということは、ボールのつかまりが良くなることにつながります。

したがって樹脂インサートや、深いミーリングのパターはボールがフェースに接する時間が長くつかまりやすいためロフトは小さくしても大丈夫です。

逆に打感が硬めに感じるものは球離れが早いのでロフトを多くすることによってボールを運ぶ感覚を得ることができます。

これに加えてインパクト時のインパクトロフトをあわせて考え自分に最適なロフトを見つけることが重要になります。

それを見つけることができるのがパッティングストローク分析になります。是非分析を受けて自分に最適なロフトを見つけてください。

パッティングストローク分析に関してのお問い合わせは 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 2

関連記事

  1. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  2. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  3. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  4. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  5. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  6. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  7. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  8. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  9. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP