最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。

最初はマレットタイプだけだったのですが、最近ではANSER型でも重いヘッドが出てきています。この傾向はストロークの変化によるものと考えています。

グリーンの状態が良くなりラインに乗せていくことがストロークの役割に変わってきました。昔のようにボールを打つ必要が減ったということだと思います。

ただ必ず重い方が良いか?は人によって変わりますし、長さによっても変わってきます。

33インチで使いたい人は360gあるとそれなりにバランスを出せますし、35インチで使いたいのに360gあるとかなり重いヘッドになってしまいます。

それを調整するために最近では可変ウェイトをつけているメーカーが結構ありますね。これはその人のストロークスタイルや長さに合わせて調整できるのでとてもありがたい機能です。

重いヘッドは安定することが多いですが、重すぎて振り遅れることもあります。ストローク分析をして自分の最適のバランスを見つけましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  2. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  3. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  4. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  5. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  6. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  7. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  8. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  9. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP