最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。

最初はマレットタイプだけだったのですが、最近ではANSER型でも重いヘッドが出てきています。この傾向はストロークの変化によるものと考えています。

グリーンの状態が良くなりラインに乗せていくことがストロークの役割に変わってきました。昔のようにボールを打つ必要が減ったということだと思います。

ただ必ず重い方が良いか?は人によって変わりますし、長さによっても変わってきます。

33インチで使いたい人は360gあるとそれなりにバランスを出せますし、35インチで使いたいのに360gあるとかなり重いヘッドになってしまいます。

それを調整するために最近では可変ウェイトをつけているメーカーが結構ありますね。これはその人のストロークスタイルや長さに合わせて調整できるのでとてもありがたい機能です。

重いヘッドは安定することが多いですが、重すぎて振り遅れることもあります。ストローク分析をして自分の最適のバランスを見つけましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  2. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  3. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  5. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  6. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  7. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  8. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  9. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP