ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。

そのほとんどが自分が構えたい手の位置でパターヘッドがすわっていないことが原因で、アドレスの時のフェースの向きの再現性が低くなってしまっています。

一番ひどかったのは本来シャフト1本分のオフセットのはずのダブルベンドシャフトが入ったパターで、シャフトの接着の方向が悪くロフトは1度、オフセットは1.5本分くらいになってしまっていました。

これはシャフトを一度抜いて正しい位置で接着、グリップの向きも直してロフトも微調整することで悩みは一気に解消。フェースも真っ直ぐに向けられるようになりました。

PING型のヘッドでもシャフトの入る向きが悪くなってしまっているものがありました。これはホーゼル径とシャフト径に開きがあり、接着時に変な方向に傾いて接着してしまったのが原因でした。

これもシャフトを抜いてスペーサーを入れて再組み立てし、ロフトとライを調整して終了。

もう一人はグリップが真っ直ぐに入っていない…これはまだ新しいラバーグリップだったので、一度抜いて再利用して入れ直して終了。

こういう感じでなんだか構えにくいと感じているパターには必ず原因があります。絶対に解決できることなので、是非ご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  2. 雨の日のパッティング

    2021.04.15

    雨の日のパッティング

    雨の日のグリーンは晴れている時と全く違う状況になります。ボールが前に行く力が弱くなると急激…

    雨の日のパッティング
  3. 外したパットの責任は

    2020.10.30

    外したパットの責任は

    昨日の続きの話な感じの話です。同じところから何回も打つのは良い練習ではないという話をしまし…

    外したパットの責任は
  4. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  5. CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    2020.04.28

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道

    今回の検証はパターヘッドの軌道がどんなデータとして表示されるかチェックしてみました。結構…

    CAPTO 検証4 ヘッド軌道
  6. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  7. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  8. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  9. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP