ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。

そのほとんどが自分が構えたい手の位置でパターヘッドがすわっていないことが原因で、アドレスの時のフェースの向きの再現性が低くなってしまっています。

一番ひどかったのは本来シャフト1本分のオフセットのはずのダブルベンドシャフトが入ったパターで、シャフトの接着の方向が悪くロフトは1度、オフセットは1.5本分くらいになってしまっていました。

これはシャフトを一度抜いて正しい位置で接着、グリップの向きも直してロフトも微調整することで悩みは一気に解消。フェースも真っ直ぐに向けられるようになりました。

PING型のヘッドでもシャフトの入る向きが悪くなってしまっているものがありました。これはホーゼル径とシャフト径に開きがあり、接着時に変な方向に傾いて接着してしまったのが原因でした。

これもシャフトを抜いてスペーサーを入れて再組み立てし、ロフトとライを調整して終了。

もう一人はグリップが真っ直ぐに入っていない…これはまだ新しいラバーグリップだったので、一度抜いて再利用して入れ直して終了。

こういう感じでなんだか構えにくいと感じているパターには必ず原因があります。絶対に解決できることなので、是非ご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  2. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  3. またイップスに関する話ですが…

    2020.05.18

    またイップスに関する話ですが…

    イップスではない方にはあまり参考にはならないかもしれませんが、知っていることは結構重要です。…

    またイップスに関する話ですが…
  4. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  5. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  6. ボールにライン 応用編

    2020.04.2

    ボールにライン 応用編

    ストローク分析にいらした方で、ボールに線を入れているという方にはお話ししている内容です。…

    ボールにライン 応用編
  7. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  8. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  9. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP