自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切り替える時があります。

ですので普段からたまにクローグリップで練習するようにもしています。

そこでいつも思うのはクローグリップは球の転がりがよくなった感じがすることです。これは毎回感じるのでたぶん間違いないことと思います。

ただこれは自分だけなのか?はたまた強くインパクトしているだけなのかはわかりませんが、とにかく思ったより距離が出ます。

ですので速いグリーンで行き過ぎるのを恐れて打てなくなった時や、高麗グリーンで打ち切れないことがあったりするとクローグリップにすることがあります。

クローグリップは普段やりなれていないとなかなかやる気にならないかもしれませんが、それほど難しいうち方ではないので機会があったらやってみていただきたい打ち方です。

昔撮った動画があるのでちょっと見てみてください。


最初は普通のグリップでセットアップしてその後に右手だけを持ちかえると違和感なくできるようになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  2. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重
  3. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  4. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと
  5. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  6. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  7. 見事なストレート軌道、でもこれは…

    2019.11.18

    見事なストレート軌道、でもこれは…

    先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。た…

    見事なストレート軌道、でもこれは…
  8. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  9. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP