自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切り替える時があります。

ですので普段からたまにクローグリップで練習するようにもしています。

そこでいつも思うのはクローグリップは球の転がりがよくなった感じがすることです。これは毎回感じるのでたぶん間違いないことと思います。

ただこれは自分だけなのか?はたまた強くインパクトしているだけなのかはわかりませんが、とにかく思ったより距離が出ます。

ですので速いグリーンで行き過ぎるのを恐れて打てなくなった時や、高麗グリーンで打ち切れないことがあったりするとクローグリップにすることがあります。

クローグリップは普段やりなれていないとなかなかやる気にならないかもしれませんが、それほど難しいうち方ではないので機会があったらやってみていただきたい打ち方です。

昔撮った動画があるのでちょっと見てみてください。


最初は普通のグリップでセットアップしてその後に右手だけを持ちかえると違和感なくできるようになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  2. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  3. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン
  4. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  5. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  6. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  7. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  8. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  9. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP