パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。

アドレスの時に肩甲骨を開いて肩が下がった状態でアドレスするのか?肩甲骨を締めて肩が下がらないようにして打つのか?

これは人によって動きやすい形は変わってきます。私の場合は肩甲骨は締めてしまうとまったく動けなくなってしまいます。

肩甲骨を開くといろいろなところの動きがよくなってストロークもスムーズにできるようになります。

4スタンス理論の話になってしまいますが、肩甲骨を開いたほうがいいタイプはクロスタイプ(A1とB2)の人で、肩甲骨を締めたほうがいい人はパラレルタイプ(A2とB1)の人になります。

もし自分のタイプがわかる人はやってみてください。

もしわからない人は何かをおんぶしてスイングをするイメージで動きやすいか?何かを抱えて動くほうが動きやすいかをチェックしてみてください。

おんぶする側はパラレルタイプ、抱える側はクロスタイプになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  2. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」

    2018.09.11

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリ…

    先日ヘッドのスペックが決まり、今日はグリップをどうするかを考えてみます。以前太いグリップが合…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」
  3. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  4. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  5. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  6. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  7. パターのシャフトを選ぶ

    2019.08.15

    パターのシャフトを選ぶ

    最近はカーボンシャフトや、カーボンとスチールの複合シャフトなどスチールだけではなくなってきたパター…

    パターのシャフトを選ぶ
  8. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  9. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP