昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介します。

今回はストロークテンポの部分についてです。SAM PuttLab には「Timing」という項目があり、バックストロークにかかる時間、インパクトにかかる時間、フォロースルーを含めたフォワードストローク全体の時間を計測しています。

ここのリズムが変わらなければ、安定してストロークできているといえます。それはあらゆる部分の安定性につながるものと思っています。

今回はその中でも「Impact Timing」に注目してみました。下の分析結果が STABILITY Shaft になります。

下の結果はこれまでの TrueTemper STP-38 が入ったもののデータになります。

これを見ていただくとわかる通り、STABILITY Shaft が入ったパターの「Impact Timing」を見ると0.38となっており、7回分のこの割合がほぼ重なっています。

STP-38 の方は、データ的には0.38と全く同じ数字になっていますが、こちらはばらつきがあります。

「Impact Timing」は Impact time / fwd. swing timeで計算されたもので、この安定感はあまり見た事がないばらつきの無さです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  2. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  3. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  4. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?
  5. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  6. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  7. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  8. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  9. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP