STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM PuttLab でした結果の詳細をレポートします。

2日前に再現性の値が向上して、全体的な点数もアップしたというお話をしましたが、今日は個っと細かい部分で変わった部分を見てみます。

今日はその一つ目、ヘッドの上下の軌道です。

まずこちらがこれまでの TrueTemper STP-38 を入れた TRUECoG CUPRUM のデータです。

そしてこちらが STABILITY Shaft を入れた TRUECoG CUPRUM のデータになります。

これを見ると数値的にはアッパーの軌道が STABILITY Shaft の方が0.3度大きくなっています。これはやはりシャフトがしならないという性質からくる違いかと思います。

そして見た目の軌道で違うのは、テークバックの点線の軌道と実線のフォワードストロークの軌道が上を通っています。それはどちらも共通なのですが、その幅が若干 STABILITY Shaft の方が大きくなっているように見えます。

上下の軌道の差が大きくなると打点も下の方になるということにつながり、ハンドファーストができていてアッパーに振れれば転がりの良いボールになることになります。

なかなか面白い差が出た部分だと思います。まだこれ以外にも差が出ている部分がありますので、またレポートします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  2. 悪い流れを断つ

    2019.12.27

    悪い流れを断つ

    ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりして…

    悪い流れを断つ
  3. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  4. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  5. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  6. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  7. 距離感が変わる原因

    2019.12.20

    距離感が変わる原因

    先日ストローク分析をした方で距離感がなかなか合わないという方がいらっしゃいました。何が悪く…

    距離感が変わる原因
  8. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  9. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP