普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。

最初のパッティングのラインが下りだったり、ピン横の曲がるラインだったりすると余計に次のパッティングに影響を与えます。

下りは当然普段よりも速いのですが、その速さの感覚で上りのパットを打つと警戒しすぎて打てずにショートする…。

こんな状況になるとその日は一日上りや逆目のラインを打ち切れないことになります。勇気をもってしっかり打つと今度は本当に打ち過ぎになってオーバー…。そうすると今度はますます打てなくなります。

なぜかというと上りのパットを打ち過ぎた返しは下りになりますからね…。このスパイラルには入りたくないものです。

こういう時に自分の感覚をリセットできるなにかがあると良いのですが…。私は上りのラインが残った時にスピード感をリセットして打つように心がけています。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  2. ラインが見やすい角度で構える

    2020.02.18

    ラインが見やすい角度で構える

    全ての方にあてはまる話ではないという前提でお読みください。先日ストロークを見た方で、どう…

    ラインが見やすい角度で構える
  3. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  4. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  5. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  6. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…
  7. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  8. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  9. パターのバランスについて

    2019.11.27

    パターのバランスについて

    ゴルフクラブにバランス(スイングバランス)という概念が定着しています。このバランスという概…

    パターのバランスについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP