ここのところ何名かの方で同じような症状が見受けられたのでちょっと書いておきます。

ヘッド重量が重いか、もしくはグリップ重量が軽くて、もしくは長くし過ぎてバランスがかなり出てしまっている方が3名ほどいました。

本人は転がってくれないからボールがヘッドの重みで(バランスを出して)ボールが飛んでくれるようにしていると思っているのですが、実際はより飛ばなくなってしまっています。

状況としてはますますストロークの中にインパクトがある打ち方になってしまい、インパクト時にしっかりボールを打つという感覚が薄れてしまっています。

振り子というキーワードはもちろん動きをイメージする時には重要なのですが、振り子の中でもインパクトでのヘッドの加速はあって、しっかりボールを打つという感覚は必要になります。

重くしたから飛んで行ってくれるはずだという考えは、あまり当てはまらない方が多いのと、逆に打ってしまって(本来は正しい動きをして)飛び過ぎる経験をすると、より打てなくなってきてしまいます。

関連記事

  1. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  2. ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    2020.03.10

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。今日も実際によくある話から…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2
  3. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  4. 練習でできることがコースでできない

    2020.02.13

    練習でできることがコースでできない

    ストローク分析をしにくる方で練習では完璧にできているのにコースに行くと同じようにできないという方…

    練習でできることがコースでできない
  5. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  6. 素振り通りに打てない

    2020.04.3

    素振り通りに打てない

    ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしま…

    素振り通りに打てない
  7. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  8. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  9. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP