今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているので、新しいヘッドを使って STABILITY Shaft バージョンの CUPRUM を作ってみました。

今回使用した CUPRUM のヘッド重量は若干軽めの360g。前回の実験で350gでも十分バランスが出ていたので、さらに短くしても大丈夫そうです。

いつものパターの長さは33.5インチなので、その長さに合わせてカット。グリップは60gのいつもの PING のラバーグリップを使用。

これでできあがったパターは、総重量が531.3g、バランスがE0.4となりました。結構重めに仕上がりました。

早速スタジオで色々試した後に、次のラウンドでエースと打ち比べてみたいと思います。

この STABILITY Shaft は試打していただけます。是非パッティングストローク分析の際に打ってみてください。
パッティングストローク分析のご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!ご予約お待ちしております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  2. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  3. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  4. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  5. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  6. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  7. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして
  8. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  9. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP