先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々なスペックを計測してみましたので紹介します。

まずは重量ですが、組み立ててカットする前の重量は123.2gでした。 チップシャフトの重量は22.5g、本体部分は100.6gでした。

そしてヘッド重量350gのヘッドを装着して34インチで組み立てた時のスペックは以下の通り

STABILITY 516.1g E0.6
Shimada JSP70-120 508.5g D6.3

ご覧の通り総重量はカーボンを使った STABILITY の方が重く、先端にスチール、手元が軽めのカーボンになっているので、バランスがかなり出やすいシャフトになっています。

そして強烈に違ったのは振動数。

STABILITY 400cpm
Shimada JSP70-120 322cpm

でした。これはかなり STABILTY がしっかりしていることがわかります。

これはなかなか面白いことが起きそうな気がしますね。早速自分用にパターを作ってみようと思います。

この STABILITY Shaft は試打していただけます。是非パッティングストローク分析の際に打ってみてください。

パッティングストローク分析のご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!ご予約お待ちしております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  2. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  3. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  4. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  5. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  6. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  7. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  8. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  9. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP