先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々なスペックを計測してみましたので紹介します。

まずは重量ですが、組み立ててカットする前の重量は123.2gでした。 チップシャフトの重量は22.5g、本体部分は100.6gでした。

そしてヘッド重量350gのヘッドを装着して34インチで組み立てた時のスペックは以下の通り

STABILITY 516.1g E0.6
Shimada JSP70-120 508.5g D6.3

ご覧の通り総重量はカーボンを使った STABILITY の方が重く、先端にスチール、手元が軽めのカーボンになっているので、バランスがかなり出やすいシャフトになっています。

そして強烈に違ったのは振動数。

STABILITY 400cpm
Shimada JSP70-120 322cpm

でした。これはかなり STABILTY がしっかりしていることがわかります。

これはなかなか面白いことが起きそうな気がしますね。早速自分用にパターを作ってみようと思います。

この STABILITY Shaft は試打していただけます。是非パッティングストローク分析の際に打ってみてください。

パッティングストローク分析のご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!ご予約お待ちしております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング
  2. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  3. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  4. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  5. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  6. 引きたい方向に引きにくくしてないか?

    2019.03.12

    引きたい方向に引きにくくしてないか?

    テークバックをしていきたい方向にどうもうまくあがらないという人が結構いらっしゃいます。それ…

    引きたい方向に引きにくくしてないか?
  7. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  8. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  9. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP