先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々なスペックを計測してみましたので紹介します。

まずは重量ですが、組み立ててカットする前の重量は123.2gでした。 チップシャフトの重量は22.5g、本体部分は100.6gでした。

そしてヘッド重量350gのヘッドを装着して34インチで組み立てた時のスペックは以下の通り

STABILITY 516.1g E0.6
Shimada JSP70-120 508.5g D6.3

ご覧の通り総重量はカーボンを使った STABILITY の方が重く、先端にスチール、手元が軽めのカーボンになっているので、バランスがかなり出やすいシャフトになっています。

そして強烈に違ったのは振動数。

STABILITY 400cpm
Shimada JSP70-120 322cpm

でした。これはかなり STABILTY がしっかりしていることがわかります。

これはなかなか面白いことが起きそうな気がしますね。早速自分用にパターを作ってみようと思います。

この STABILITY Shaft は試打していただけます。是非パッティングストローク分析の際に打ってみてください。

パッティングストローク分析のご予約は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!ご予約お待ちしております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  2. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  3. 家でパター練習は退屈ですが…

    2020.04.23

    家でパター練習は退屈ですが…

    「STAY HOME」の状況が続いているので、家でパター練習をしてみたのですが、効率の良い練習と…

    家でパター練習は退屈ですが…
  4. パターのお色直しで気分転換

    2019.04.22

    パターのお色直しで気分転換

    Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。今回は最近出番がな…

    パターのお色直しで気分転換
  5. 難しいパターは何が難しい?

    2020.03.31

    難しいパターは何が難しい?

    先日から難しいとか簡単とかいう話が続いていますが、今日が最後になります。みなさんが難しい…

    難しいパターは何が難しい?
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  7. 下半身を止めるために有効

    2020.06.24

    下半身を止めるために有効

    昨日お話しした下半身(特に膝の動き)を止めるイメージが作りやすい練習グッズを紹介します。今…

    下半身を止めるために有効
  8. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  9. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP