最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました。

私のエースパターの TRUECoG CUPRUM もヘッド重量は365gとかなり重いヘッドです。Piretti や Byron のパターも同じく360gオーバーのヘッドを採用しています。

この重いヘッドは何が良いかというと、まずはテークバックの時に軌道が安定します。またインパクトを作らなくてもヘッドの重みでボールを飛ばせます。

この重いヘッドは手首がもっていかれず、角度をキープできる範囲であればメリットが大きいです。私の場合65gくらいの細目のグリップを入れているので、ヘッドはかなり効いた感じになります。

ですが重めのグリップや、太目のグリップを入れてもヘッドの重みを感じるので、最近標準グリップで重いグリップを入れるメーカーが多いので、ヘッド重量もアップしてきたのだと思います。

私の場合太いグリップは合わないのですが、太いグリップにしてストロークが安定する人は結構います。重ヘッドに太グリップの組み合わせをためしてみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 0

関連記事

  1. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  2. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  3. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして
  4. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  5. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  6. 決めて打った時は転がりも良い

    2020.01.28

    決めて打った時は転がりも良い

    先日のラウンドではどのラインに打つかしっかり決めて打てた時もあったし、そうではないときもありまし…

    決めて打った時は転がりも良い
  7. テークバックで揺れる原因

    2019.10.8

    テークバックで揺れる原因

    先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。テークバ…

    テークバックで揺れる原因
  8. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  9. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP