最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました。

私のエースパターの TRUECoG CUPRUM もヘッド重量は365gとかなり重いヘッドです。Piretti や Byron のパターも同じく360gオーバーのヘッドを採用しています。

この重いヘッドは何が良いかというと、まずはテークバックの時に軌道が安定します。またインパクトを作らなくてもヘッドの重みでボールを飛ばせます。

この重いヘッドは手首がもっていかれず、角度をキープできる範囲であればメリットが大きいです。私の場合65gくらいの細目のグリップを入れているので、ヘッドはかなり効いた感じになります。

ですが重めのグリップや、太目のグリップを入れてもヘッドの重みを感じるので、最近標準グリップで重いグリップを入れるメーカーが多いので、ヘッド重量もアップしてきたのだと思います。

私の場合太いグリップは合わないのですが、太いグリップにしてストロークが安定する人は結構います。重ヘッドに太グリップの組み合わせをためしてみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中
  2. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  3. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  4. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  5. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  6. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  7. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  8. 悪い流れを断つ

    2019.12.27

    悪い流れを断つ

    ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりして…

    悪い流れを断つ
  9. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP