パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。

その時に本当によく聞くのが「小さいテークバックからフォローで飛ばす」という話です。どこでそんな話を聞いたか聞いてみると半数以上の方が YouTube を見たという話…。

そのイメージでやっている人のほとんどは距離感が合わない状況になっています。小さいテークバックだから力が入らず届かない。届かないから次はインパクトを強くし過ぎて大オーバー…。

小さいテークバックで良いことはありません。1m位ならまだできないこともありませんが、3m以上になったら間違いなく小さいテークバックでは届かせることが難しくなります。

ですので、小さなテークバックから大きいフォロースルーで飛ばすというイメージを持ってパッティングしている人は、やめた方が良いです。

パッティングストローク分析をしていただくとどのくらいの幅でテークバックするのが良いかを体感いただけますので、是非やってみてください。

今月もパッティングストローク分析はお得な価格で提供中です。これから梅雨の時期に入りますし、なかなかラウンドできない時期に自分のストロークを見直してみ打ください。

今月の ACTEK GOLF のお得なキャンペーンはこちらをご覧ください。

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  2. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  3. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  4. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン
  5. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重
  6. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  7. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  8. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  9. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP