私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが出ることがあります。

このミスはほとんどの方の場合意識を変えることでミスを減らすことができます。

そのミスのほとんどの原因はストロークの意識にあります。どんな意識かというとストロークの軌道に加えてフェースローテーションをしないようにしようという意識が強すぎるときに起こります。

フェースバランスのパターを使っていてもテークバックの軌道はインに入ってしまう人が少なくありません。自分では真っすぐにテークバックしている意識でもインに入ってしまい、さらにボールを打った後の軌道を真っ直ぐにしてフェースを閉じない意識で出すと、これはプッシュアウトになります。

一番の原因はテークバックをインに引きすぎてしまっていることなのですが、それに気づかずフェースローテーションだけ抑えられてしまえばボールはつかまりません。

ですのでそんなミスに心当たりがある方は、テークバックの方向をチェックしたり、フォワードストロークが終わった時のフェースの向きをチェックしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  2. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  3. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  4. 下半身を止めるために有効

    2020.06.24

    下半身を止めるために有効

    昨日お話しした下半身(特に膝の動き)を止めるイメージが作りやすい練習グッズを紹介します。今…

    下半身を止めるために有効
  5. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  6. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  7. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?
  8. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  9. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP