昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。

しっかりグリッププレッシャーを使ってストロークする人には使いにくい柔らかいグリップですが、逆にグリップをあまりぎゅっと握らずに持てる人には柔らかいグリップが合います。

それに加えてストロークタイプがインパクトがある感じではなく、ストロークの中にインパクトがあるイメージの打ち方ができている人です。

わかりやすく言うと、タップ式の打ち方に近い方は柔らかいグリップが合わず、ゆったりとしたゆっくりとしたリズムで打てる人には柔らかいグリップが合います。

純正グリップはかっこいいものがついていて交換するのがちょっともったいないですが、グリップが変わると使い勝手も激変する場合が多いのでやってみる価値はあると思います。

どう変わるか試してみたい方は是非パッティングストローク分析に来てみてください。いろいろな種類のグリップを試していただけます。

どうしても今のグリップはとっておきたいという人はシャフトごと交換してしまうというのもやり方の一つです。

ご相談は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!問い合わせフォームからでも大丈夫です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  2. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  3. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  4. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  5. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  6. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  7. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  8. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  9. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP