昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。

しっかりグリッププレッシャーを使ってストロークする人には使いにくい柔らかいグリップですが、逆にグリップをあまりぎゅっと握らずに持てる人には柔らかいグリップが合います。

それに加えてストロークタイプがインパクトがある感じではなく、ストロークの中にインパクトがあるイメージの打ち方ができている人です。

わかりやすく言うと、タップ式の打ち方に近い方は柔らかいグリップが合わず、ゆったりとしたゆっくりとしたリズムで打てる人には柔らかいグリップが合います。

純正グリップはかっこいいものがついていて交換するのがちょっともったいないですが、グリップが変わると使い勝手も激変する場合が多いのでやってみる価値はあると思います。

どう変わるか試してみたい方は是非パッティングストローク分析に来てみてください。いろいろな種類のグリップを試していただけます。

どうしても今のグリップはとっておきたいという人はシャフトごと交換してしまうというのもやり方の一つです。

ご相談は info@puttinglabo.com もしくは 03-5829-9083 まで!問い合わせフォームからでも大丈夫です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  2. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  3. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために
  4. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  5. 体が浮くとプッシュアウト

    2019.12.9

    体が浮くとプッシュアウト

    先日のラウンドで気が付いたことがありますのでちょっとお話しします。少し速めのグリーンだった…

    体が浮くとプッシュアウト
  6. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  7. STROKE LAB のシャフトにはウェイトが

    2020.11.19

    STROKE LAB のシャフトにはウェイトが

    先日の続きです。ストロークラボのコンセプトはヘッドと手元を重く、そしてその間は軽く。そうす…

    STROKE LAB のシャフトにはウェイトが
  8. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  9. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP